妖精の切り絵展示見てきた



この前。黒川絵里奈さんの、切り絵展示を見てきたのだ。

この作家さんは、人形劇の背景とか作ってた人だよねー

あしり座の人形劇の背景の時にチラシが入っていたような?

f:id:papanda3:20190426192116j:image
f:id:papanda3:20190426192113j:image

歯車とか、天使の大きな展示があった。

立体的な切り絵なんだよな。
f:id:papanda3:20190426192110j:image

妖精の切り絵と、自然背景の写真、

コティングリー妖精事件のような

写真だなぁと思って見てた。↓

http://enigma-calender.blogspot.com/2013/12/The-Case-of-the-Cottingley.html?m=1

子供が

本当に妖精を見れても、写真には映らないでしょうねー

子供とだけ遊んでくれてるのだろうし。

神社に祀られてる狐に、子供は会えても、大人は見れないだろうなぁ。

写真に写るかどうか怪しい。

それは切り絵で写真撮影するわねー。

私の周りに狐が🦊いるようなのだけど、姿がないので証明はできない。

狐は、私を狐のお母さんだと思ってるらしい。

ほかの動物も、「みんなのお母さんなの?」ってやってきてるらしい。

狸も梟もきた。

梟は、私がいつも首から下げてるアロマネックレスに、狐のミニぬいぐるみキーホルダーもつけてるのだけど、

梟🦉も首に下げろということなのか、目を覚ました時に、梟のぬいぐるみのタグが、ネックレスの金具にはさまっていた。

勝手にこんなのはさまるか?

とりあえず、小さい木彫りの梟のキーホルダーを下げてみた。

クマのお母さんは動物みんなのお母さんなのか…

昔、手術して、半死の時に、教会のマリア側の集合体意識にいっぺん入ったのかな…教会の上のほうから教会のイス席を眺める、謎の視界…

これはマリア像のほうからじゃないのか?

あと、教会での音楽会場を飛び回る感覚…

buck-tickの映画館上映会での空撮を見て思い出した。


最近心臓の末期を感じるので、(街中を歩いただけで疲れが激しい)

色々、死ぬ前に言うべき事なのだろうなぁ。

心臓筋肉のために、コエンザイムQ10を飲んでるけど、

まあまあしか効かないみたいだしなー。

次の日寝込むくらい疲れる。

まともに働けるのかな〜

でも働かないと、ライブに金をつぎ込めないからなー。

養うのはBuckTickとplastic tree と藤井麻輝さんに厳選してけばなんとか…なるかどうか怪しいけど、私が途中で死んでもそれはそれでいいか。

そのあとの世界がどうなろうと知った事ではないしなあ。



0 Comments

Add Yours →

コメントを残す