BLマンガあらすじ感想「僕のやさしいお兄さん」「百鬼夜行抄」

僕のやさしいお兄さん

【あらすじ】

柏原聖は、二丁目デビューした夜はじめて本当の恋を知った。その相手とは、大人達の事情で同居することになった義理の兄・鉄平で……!! 突然始まったモテモテ禁欲同居☆にとまどう義兄弟ラブコメディ。描き下ろし入り。

【感想】

今市子さんの、「百鬼夜行抄」のマンガが好きなのですが、

BLのジャンルでもマンガがあるので、読んでみました。

がつがつのエロが読みたい人にはむきませんが、話で読ませてくれる漫画家さんです。

ドタバタホームドラマ?かな?そんなに話は軽くもないかな?

「百鬼夜行抄」などでこの方のマンガを読んでいた方にもおすすめです。

無料立ち読みはこちら→僕のやさしいお兄さん

今市子さんの少女マンガ、「百鬼夜行抄」はこちら↓

百鬼夜行抄 現在26巻

【あらすじ】

普通の人には見えない不可思議なものが見えてしまう飯嶋律。彼がさまざまな妖魔と出会うことで展開していく、恐怖とユーモアを絶妙にブレンドした物語!! 第1巻には、「闇からの呼び声」「あめふらし」「桜雀」の3編を収録。

・・・・・

あやかし、魑魅魍魎のからんでくる、ドタバタホームドラマ。

久々に最新刊の26巻のコミックスを買ったら、律くん大学院生になりそうな所だった。途中から買ってなかったので、追いかけて買わないとな・・・・

26巻では、女の子が「大人になったら私もあんな服を着て」・・・っていう話が好きでした。

無料立ち読みはこちら→百鬼夜行抄 現在26巻

0 Comments

Add Yours →

コメントを残す