サロメ

サロメで思い出す小説

 

BUCK-TICKのライブでサロメを聞いた時、思い出したのはこの小説だった。

島田荘司「アトポス」

アトポス【電子書籍】[ 島田荘司 ]

サロメと、エリザベート・バートリの話が、強烈な映像で見えるかのように書かれている。

島田さんの小説は、文章を読んでいくと、心の動きがそのキャラクターそのものになっていって、

シンクロしてしまって、読んでいると、しんどい。 

この前作られた、映画はみてないのよのねー

「星籠の海」

星籠の海(上)【電子書籍】[ 島田荘司 ]

星籠の海(下)【電子書籍】[ 島田荘司 ]

御手洗さんの役は、玉木さんだっけ?

御手洗シリーズは10代の時から読んでいて、だいたい全巻もっているけども、

いざようやく映画になるときに「石岡くんはいません」とか、ねーだろ。

あれ、ジャニーズ事務所がへたれなのかな?

あの映画の話に性的な物なんか、ほとんど、からんでなくね?

龍臥亭事件が気に入らないのかね?

龍臥亭事件(上)【電子書籍】[ 島田荘司 ]
龍臥亭事件(下)【電子書籍】[ 島田荘司 ]

アイドルっって、40歳近くなっても、本格推理小説の演技も許可されないのかなー

って思ったわ。

No.0 (A) [SHM-CD+Blu-ray Disc]<完全生産限定盤> BUCK-TICK

0 Comments

Add Yours →

コメントを残す